メインビジュアル
rather than their own local communities
  • 電話相談無料
  • 電話相談無料
    来所いただく前に相談を無料で受け付けています。気になることがある方は、電話でも、メールでも、お気軽にご相談ください。
    • 豊富な解決実績
    • 豊富な解決実績
      年間200件超の刑事相談という圧倒的な経験を元に、最も適切な弁護方針を組み立てます。
    • 迅速な対応
    • 迅速な対応
      連絡があれば、その日のうちに、必ず回答します。ご来所いただいてのご相談も迅速に行います。
    • 安心の定額
    • 安心の定額
      着手金・報酬金以外の弁護士費用は頂きません。また、罰金を支払うことになってしまった場合、報酬金は頂きません。
    • 家族へのサポート
    • 家族へのサポート
      着手金・報酬金以外の弁護士費用は頂きません。また、罰金を支払うことになってしまった場合、報酬金は頂きません。

弁護士費用について

刑事事件における当事務所の弁護士費用は
着手金・報酬金のみ(追加請求はございません。)

中学生には中学生が興味を持ちそうなことがらをクイズにしたり
接見
0円
身柄解放活動
0円
交通費・印刷費
0円
裁判
0円
示談交渉
0円
日当
0円
消費税
0円(込み)

着手金・報酬金以外の弁護士費用は頂きません。

費用について、詳しくはこちら

It was only the second time that the council met

例)初犯での、痴漢(迷惑防止条例違反)・盗撮・窃盗・暴行事件の場合 …
着手金10万円・報酬金40万円(消費税および実費込)のみとなります。
また、罰金を支払うことになってしまった場合、報酬金は頂きません。

その他の弁護士費用はこちら

弁護士が直接、親身に、迅速に対応致します

「弁護士に依頼したのに、いつも事務員としか話ができない。」
「事務所に電話しても、いつも留守だと言われて、弁護士と連絡が取れない。」
「弁護士から、責任ある報告が聞きたいのに、弁護士から何も報告がない。」
「家族は依頼者ではない、と言って取り合ってくれない」
「任せておけというばかりで、弁護活動の意味を教えてくれない」

弁護士に対するこのような不満を、多くのお客様から伺ってきました。
これは、弁護士になる前、企業の法務部にいたときに、私自身が感じていた不満でもあります。

これには、弁護士側も言い分があるのでしょう。
多くの案件を効率的に進めるためには、事務員(スタッフ)を活用することが不可欠でしょう。弁護士がお客様対応や諸手続きを全てやっていたら、肝心の法律業務がおろそかになる、という考えも一理あります。

ただ、お客様対応を弁護士がやらない、というやり方は、弁護士を信頼し、弁護士になんとかしてもらいたいと考えている、多くのお客様の期待を裏切ることになるのでは、と思います。
ほとんどの方にとって、一生に一度しかないような法律問題。それを解決する「パートナー」である弁護士には、しっかりと自分の方を見て、向かい合って欲しい、と考えているはずです。

当事務所では、そのようなお客様の「パートナー」になるために、弁護士が直接、親身に対応することを、お約束します。

  1. 連絡があれば、その日のうちに、必ず回答します。
  2. 電話・面接・メールなど、全ての相談に対して、弁護士が直接回答します。
  3. 全ての案件について、弁護士が直接担当します。事務員への丸投げなど、一切行いません
  4. ご依頼いただいてからは、弁護士から直接、ほぼ毎日、ご報告します。

横浜パートナー法律事務所は、全ての弁護士が、お客様の「パートナー」です。

代表弁護士 大山滋郎

 

 

PUMA(プーマ) (メンズランニングウェア)コアランLSハーフジップトップ16SARGASSOS (paj-515762-16) Tシャツ プレゼント ギフト裁判員裁判を受ける方へ

Takeda has served as a IOC member since 2012

事件分野ごとの解説

なんとなくわかっていたつもりのオフセット印刷も

その他

弁護士の重要性と、弁護士選びの重要性

刑事事件を起こしてしまい、警察から捜査や取り調べを受けている。
すぐにでも被害者に会って、示談をしたいと思うはずです。
ところが、加害者本人には連絡先を教えない被害者が多いです。
こんなとき、弁護士であれば、被害者の連絡先を教えてもらい、本人に代わり示談交渉を行うことができます。

家族が逮捕されたと突然警察から連絡があった。
民事事件とは異なり、事件発生から起訴まで・起訴からの流れや手続きについて全く分からないという方も多いと思います。
まず、何はともあれ、逮捕された家族に会って、直接話を聞きたいと思うはずです。ところが、例え家族であっても、逮捕されている人に会うことを認めてもらえない場合があります。
そんなとき、弁護士であれば、逮捕された人に会って、本人から直接聞いたお話をご家族の皆さんにお伝えすることができます。

今、このページを読んでいる方は、事件を起こしたことで警察から捜査・取り調べを受けたり、ご家族が逮捕・起訴されたり、自分自身が起訴されて刑事事件で裁判を受けることになったため、一刻も早く、刑事事件の弁護を依頼したいと考えている方のはずです。
でも、少しだけ待ってください。弁護士を選ぶ上で最低限必要なポイントを知らずに刑事事件の弁護を依頼することなど、出来ないのです。

ここでは、民事事件ではなく刑事事件の弁護士を選ぶ際におさえるべきポイントについて簡単に解説いたします。

なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか

【最大4,500円OFFクーポン発行中!!有効期間:12/25(水)00:00~12/25(水)23:59迄】アンブロ サッカー エナメルショルダーL UJS1007-BLU

  • 豊富な経験に基づく戦略、ノウハウ

    当事務所は、一般市民のための刑事弁護に特化した活動を10年以上続ける中で、刑事事件についての沢山の経験を蓄積してまいりました。

    裁判での検察との交渉の方法だけでなく、痴漢事件や盗撮事件などの場合、示談ができなくとも、治療や寄付など、他の活動によって不起訴となる可能性も十分にあります。
    当事務所ではそのような事例やノウハウをたくさん集めており、それら先例に基づいて検察官との交渉を行っています。

    これは、刑事弁護に特化した事務所として、多数の事案を扱ってきた当事務所だからこそできることです。

  • 迅速な対応を可能にする体制

    刑事弁護では、素早い対応が何よりも大切です。
    また、素早い対応が可能となるだけの弁護士数をそろえた事務所でないと、不起訴に向けた対応は事実上困難です。

    当事務所では、5人の弁護士が常に待機して、逮捕勾留されている被疑者への面会、示談交渉など、急を要する事態に対応し、起訴を避けるための万全の体制を築いております。

  • お客様に寄り添う親身な対応

    刑事事件に巻き込まれた本人や家族は、非常に大きな不安を感じています。
    そんな依頼者に親身な対応ができる弁護士でないと、安心して依頼できません。

    当事務所では、刑事事件の依頼者を、被疑者被告人としてではなく、「お客様」ととらえることにより、親身な対応を提供しております。

  •  弁護士費用は、全体的にいくらかかるのか、非常に分かりにくく、着手金や報酬金は一見低額に見えても、その他の費用が掛かる場合が多いのです。刑事事件の場合は、被疑者との面会ごとに費用請求したり、示談をする、保釈されるといったタイミングで別途報酬を要求する事務所も少なくありません。
    また、交通費や謄写代などの実費は、別途請求する事務所の方が普通です。そこで当事務所では、非常に分かりやすい料金体系にしております。
    着手金と報酬金のみの支払いとして、他の費用(示談、保釈等の費用や実費)は、すべて含まれるものとしております。したがって、あとから思いもしない金額を請求されるようなことはありません。
    当事務所では、皆様に安心してご依頼いただけるよう、適正な弁護士費用を設定しています。
    ぜひ、他の事務所の費用と比べてみてください。弁護士費用はこちら

横浜における刑事事件の特徴と推移

1.横浜の刑事事件の推移

横浜市における犯罪の認知件数は、年を追うにつれ徐々に減ってきています。
一方で横浜市の人口は年々増えています。

 

そうすると、横浜市の人口は増えているにも関わらず犯罪の認知件数は減っていることになりますので、犯罪を行う人の割合が減っているということになります。
これにより横浜市の治安が良くなっているということは一概には言えませんが、横浜市の刑事事件の推移を知る上での御参考になればと思います。

 

2.痴漢や盗撮の多発地点

横浜市における痴漢(迷惑防止条例違反等)の発生場所の大半は、電車の中や駅の構内です。
働く女性が増えてきたことにより、満員電車の中や、混雑した駅のホームで発生しやすいというのが特徴です。

 

盗撮については、例えば横浜駅等の比較的大規模な駅の大型エスカレーターにおいてなされることが多いです。
広々としていて盗撮行為が目立ちにくいことや、バレたときに逃げやすいからという理由が挙げられます。
以上からすると、痴漢や盗撮のいずれも電車や駅の中で発生することが多いと言えます。

 

3.横浜の刑事事件における身柄拘束や処分の特徴

一般的に、東京や横浜等の都市圏における刑事事件については、被疑者・被告人の身柄拘束を決めるための判断が慎重になされる傾向があります。
すなわち、横浜では、犯罪を行ってしまった人の身柄を拘束する判断については、本当に拘束する必要があるのかという点について弁護士の意見を聞いた上で慎重な判断がなされるという流れになっています。

 

また、これまで裁判により罰金が課されることが多かった事件についても、やはり東京や横浜等の都市圏では、弁護士の働きかけにより丁寧な判断がなされることにより、不起訴(裁判にかけないこと)とされるケースが多い傾向があります。

 

犯罪を行ってしまった人のために、捜査機関や裁判所に対して、このように慎重な判断を求めるよう働きかけることも我々横浜パートナー法律事務所の弁護士の仕事の一つです。

 

4.近年の傾向

東京や横浜等の都市圏においては、以前に比べて、被疑者・被告人の身柄拘束について慎重に判断する傾向があります。

 

例えば10年前であれば、一度身柄を拘束されてしまった人を解放するための弁護士の働きかけが認められることは殆どありませんでしたが、近年実質的な判断をすることにより、身柄が解放されるというケースが多くなってきているようです。

Takeda likely to step down as JOC president as early as June:The Asahi Shimbun

弁護士が直接、親身に、迅速に対応致します

「弁護士に依頼したのに、いつも事務員としか話ができない。」
「事務所に電話しても、いつも留守だと言われて、弁護士と連絡が取れない。」
「弁護士から、責任ある報告が聞きたいのに、弁護士から何も報告がない。」
「家族は依頼者ではない、と言って取り合ってくれない」
「任せておけというばかりで、弁護活動の意味を教えてくれない」

弁護士に対するこのような不満を、多くのお客様から伺ってきました。
これは、弁護士になる前、企業の法務部にいたときに、私自身が感じていた不満でもあります。

これには、弁護士側も言い分があるのでしょう。多くの案件を、効率的に進めるためには、事務員(スタッフ)を活用することが不可欠でしょう。
弁護士がお客様対応を全てやっていたら、肝心の法律業務がおろそかになる、という考えも一理あります。

ただ、お客様対応を弁護士がやらない、というやり方は、弁護士を信頼し、弁護士になんとかしてもらいたいと考えている、多くのお客様の期待を裏切ることになるのでは、と思います。ほとんどの方にとって、一生に一度しかないような法律問題。それを解決する「パートナー」である弁護士には、しっかりと自分の方を見て、向かい合って欲しい、と考えているはずです。

当事務所では、そのようなお客様の
「パートナー」になるために、弁護士が直接、
親身に対応することを、お約束します。

1.
連絡があれば、その日のうちに、
必ず回答します。
2.
電話・面接・メールなど、全ての相談に対して、弁護士が直接回答します。
3.
全ての案件について、弁護士が直接担当します。事務員への丸投げなど、一切行いません
4.
ご依頼いただいてからは、弁護士から直接、ほぼ毎日、ご報告します。

横浜パートナー法律事務所は、全ての弁護士が、お客様の「パートナー」です。

代表弁護士 大山滋郎

山々染める秋の彩り 立山黒部アルペンルート
the prefectures are feeling forgotten and wondering if reconstruction was meant only for Tokyo
  • 最新解決事例

    Takeda likely to step down as JOC president as early as June:The Asahi Shimbun
    自分の娘のような年代の女性ばかりの職場です

弁護士の重要性と、弁護士選びの重要性

刑事事件を起こしてしまい、警察から取り調べを受けている。すぐにでも被害者に会って、示談をしたいと思うはずです。ところが、加害者本人には連絡先を教えない被害者が多いです。

こんなとき、弁護士であれば、被害者の連絡先を教えてもらい、本人に代わり示談交渉を行うことができます。

家族が逮捕されたと突然警察から連絡があった。まず、何はともあれ、逮捕された家族に会って、直接話を聞きたいと思うはずです。

ところが、例え家族であっても、逮捕されている人に会うことを認めてもらえない場合があります。そんなとき、弁護士であれば、逮捕された人に会って、本人から直接聞いたお話をご家族の皆さんにお伝えすることができます。

これはほんの一例ですが、このように刑事事件では、弁護士の役割は重要です。今、このページを読んでいるのは、事件を起こしたことで警察から取り調べを受けたり、ご家族が逮捕されたり、自分自身が起訴されて刑事事件で裁判を受けることになったため、一刻も早く、刑事事件の弁護を依頼したいと考えている方のはずです。
でも、少しだけ待ってください。弁護士を選ぶ上で最低限必要なポイントを知らずに刑事事件の弁護を依頼することなど、出来ないのです。

そこで、ここでは刑事事件の弁護士を選ぶ際におさえるべきポイントについて簡単に解説いたします。

  • 刑事事件の弁護士を選ぶ上での4つのポイント

    1刑事事件の裁判の流れを理解する

    まず、1番目のポイントは、刑事事件の裁判の大まかな流れを理解するという点です。?逮捕・勾留されたらどうなるのか、起訴された後、どのように刑事事件の裁判は進んで行くのか、判決はいつ出るのか、といったことを理解しておかないと、そもそも、今何が起こっているのか分からないことになります。詳しくは、「刑事事件の裁判の流れ」をご覧ください。

    2弁護士の役割を理解する

    次に、2番目のポイントは、刑事事件の裁判の流れの中で、弁護士がどのような役割を果たすのかを理解するという点です。これを理解しておかないと、そもそも、なぜ、刑事事件の裁判において刑事弁護を依頼する必要があるのか、分からないことになります。詳しくは、「弁護士の役割」をご覧ください。

    3良い弁護士とは何かを理解する

    そして、3番目のポイントは、良い弁護士とは何か、を理解するという点です。 確かに、何をもって良いといえるのかは、なかなか簡単には決められない面があります。しかし、こういう刑事事件の弁護の仕方は問題だというポイントは、はっきりと言うことができます。 詳しくは、「NIKE(ナイキ) サッカースパイク マーキュリアル ビクトリー6 NJR HG-V 921510 407」をご覧ください。

    4弁護士費用を理解する

    最後に、4番目のポイントは、弁護士費用の仕組みと相場を理解するという点です。費用がどのような仕組みで計算されるのか、相場はあるのかなど、ほとんど知られていません。しかし、刑事弁護を依頼するにあたり、費用がいくらになるかは、知らずに済ませられないポイントです。 詳しくは、「【10%OFFクーポン配布中★12/25 18時~】GAVIC[ガビック]サッカー(フットサル)ウェア・長袖シャツ・キーパーウエア・キーパートップ[GA6302][ユニセックス:男女兼用]【1枚までメール便OK】」をご覧ください。
    以上、4つのポイントをしっかり理解して初めて、あなたにふさわしい弁護士を選ぶことができるはずです。

    以上の4つのポイントはご理解いただけたと思いますが、やはり、なんといっても、弁護士を選ぶのに一番大切な条件は、うまく一緒にやっていけるか、信頼して何でも相談できるか、という点だと思います。 横浜パートナー法律事務所には、大勢のお客様の感謝の声が寄せられています。 あなたと同じ立場の人たちの声です。きっと参考になると思います。 横浜パートナー法律事務所は、刑事事件の弁護専門の事務所として、豊富な実績があります。 当事務所にご依頼をいただいた場合の弁護活動の内容は、「当事務所の弁護活動」をご覧ください。当事務所の弁護士については「adidas(アディダス) mi FTB GK18 (パッド有り) サッカー CF2647-KOLORG」を、当事務所の所在地については「事務所所在地」をご覧ください。

    当事務所では、皆様に安心してご依頼いただけるよう、適正な弁護士費用を設定しています。ぜひ、他の刑事事件を専門とする事務所の費用と比べてみてください。

お客様の声を大切にします

  • 痴漢
  • これから自分はどうなるのだろうという不安は色々ありましたが、心配が軽くなりました。不起訴
  • 児童買春
  • 逮捕、勾留、報道等があれば自殺も考えていたところでしたので、本当に助かりました。不起訴
  • 窃盗
  • 先生の的確なご指示、励ましのおかげで今日まで来る事ができました。金額の交渉から早期示談締結まで感謝につきません。不起訴
  • 暴行
  • 迅速な対応ありがとうございます。こちらの法律事務所に出会えて良かったと心より思っております。金額の交渉から早期示談締結まで感謝につきません。不起訴



シンプルながら注目度抜群の
ボネーラプラシャツです。

素材はポリエステル100%


尚、製品には個体差がございます。
サイズ表示は一定の目安とお考え下さい。

シャツ身幅着丈袖丈
48cm67cm30cm
49cm71cm34cm
54cm74cm38cm
57cm76cm41cm



★ご注文お待ち致しております♪

●何かご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせ下さいませ。






 ※商品画像は実際の色・質感等が若干異なる場合がございます。ボネーラ テープロゴプラシャツ
クリックすると実物が見れます

Takeda has served as a IOC member since 2012
社会活動グループの人たちには時事ネタを交えて